頭皮に負担

医薬品育毛剤は効果

育毛剤の中でも、医薬品に指定されている育毛剤があります。
もう一方では、医薬品に指定されていない育毛剤もあります。
この両者の違い、こと育毛効果に絞って考えてみると、どのような違いが有るのでしょうか?

まず医薬品育毛剤には高血圧の薬でもあるミノキシジルが含まれています。
こちらはさすがは高血圧の薬と言うだけあって、血管を膨張させ血流量を増やし。
毛髪に栄養分を行き渡らせて育毛を促進させる、という効果があります。

医薬部外品の育毛剤は薬事法における育毛成分は含まれてはいないものの、おおむね医薬品と同等の効果が認められる成分が含まれています。
ただし医薬品でない以上、育毛の効果は謳いにくい部分があります。
この辺は、ネット等の口コミを実際に見て確認したり、販売員に尋ねてみるといいでしょう。

実際のところ、医薬品の育毛剤も医薬部外品の育毛剤も、育毛効果だけを比較すれば案外、差がない部分もあります。
しかしながら医薬品の育毛剤は育毛効果だけでなく、育毛に付随する成分(頭皮を清潔にする、フケや痒みを取り除く等)も含めて、副作用が出にくい成分配合になっています。
この辺はさすが医薬品、といったところでしょうか。
最終的には貴方が、貴方自身の体質や求める効果を考え。
口コミや売り上げ数、専門家と相談して決めるようにしてみるといいでしょう。

このページの先頭へ