頭皮に負担

医薬品外育毛剤の副作用

育毛剤には分類上医薬品扱いされるものと、そうでないものがあります。
医薬品扱いされるものの代表格としては、薬品成分であるミノキシジルが含まれるものがこれに当たります。
反対にミノキシジルのような医薬品が含まれていない場合、これはどのような扱いになるのでしょうか?

この場合、便宜上化粧品や健康食品と同様に考えるのが一番でしょう。
これらは薬品で無い以上、効果があるとか、脱毛症が治ります!といった表現が出来ないところが厳しいところですね。
ただ健康食品の例を見ていただければ分かります通り、薬品とは認定されてはいないもの、それ自体が薬品と同等、いやそれ以上の効果を示す場合というのはままあるものです。

またもう一つのケースとしては、限りなく医薬品として問題の無い成分ではあるものの、只今医薬品としての審査中である場合です。
少しニュアンスは違いますが、ジェネリック医薬品に近いタイプの商品がこれに当たりますね。
いずれにせよ大事な点としましては。

医薬部外品の育毛剤というのは、安全性は限りなく医薬品に近く、また効果についても同等以上のものである場合がほとんどです。
どうしても心配なのであれば、口コミを確認して判断するようにしてください。
最終的な判断は貴方がすべきですから。

このページの先頭へ