頭皮に負担

育毛剤を構成している栄養素

育毛剤を構成する要素としては、やはり毛髪を生やしたり。
または毛髪を元気にして育てる営養素が当然に不可欠になってきます。
その中でも一番有名な成分としては、ミノキシジルが有名ですね。

効果としては血管を一時的に広げることによって血流を多く流し、そして栄養分を頭皮全体に行き渡らせる効果が強いです。
もともとは高血圧対策の薬だけに、そのあたりの効果はかなり強いようです。
また高血圧だけでなく、育毛にも効果が確認されて以来医薬品扱いされるまでに至り、今日では育毛成分としても広く認知されています。

同じような効果がある成分としては塩化カルプロニウム、イチョウエキス、センブリエキスなどがあります。
他に育毛成分として重要な成分としては、ペンタデカン酸グリセリドがあります。
こちらは育毛、とりわけ毛髪を生み出す毛母細胞にかかわる成分です。

あとは頭皮の炎症の原因を抑えるイオウや、炎症やフケの原因を抑えるさまざまな成分が、これまた絶妙な配合で構成されています。
とりわけ医薬品として販売されている育毛剤に関しては、上記の成分にはかなり激しい効果を持つ成分もあります関係上、かなり厳しい審査を経て販売されています。
成分的には問題なく配合、販売されていますが、心配な人は専門家に確認の上、購入することをお勧めします。

このページの先頭へ