頭皮に負担

医薬品の育毛剤はどんな治療を行うか

育毛剤には、便宜上医薬品と医薬部外品とがあります。
医薬品に分類されているものは、その成分に医薬品に指定されているような成分を含む育毛剤。
医薬部外品に指定されている育毛剤は医薬品成分を含まないものの、例えば自然由来の育毛に効果のある成分を含む育毛剤を指します。

ネット上の口コミだと、単純に育毛効果だけを比較するのであれば、医薬品も医薬部外品もどちらもそれなりの効果ある口コミが多く見られます。
それでは本題である医薬品ならではの育毛効果と治療、そもそもどのようなものなのでしょうか?
例えば医薬品の成分であるミノキシジルは本来は高血圧のお薬なのですが、ひょんなことから育毛の副作用を認められることになりました。

日本では薬事法の基準が非常に高いです。
それは逆に言えば効果の高さだけでなく、副作用の出にくさ、安全性といった基準も満たすことを意味します。
ミノキシジルは育毛効果ですが、他には育毛剤には頭皮を清潔にしたり、弱った頭皮を健全化させたり、毛髪の元となる毛母細胞に好影響を及ぼす成分が、バランスよく配合されています。
育毛剤を選ぶ際には育毛効果だけでなく、副作用や。
体質に合うかどうかも考えて選ぶようにしましょう。

このページの先頭へ